解放出版社書籍案内



 


まちかどの芸能史

 

 

村上紀夫著

 

A5判並製 295頁
定価2500円+税

978-4-7592-4062-7
C0039

 

中世から近世にかけて、路上や軒先で演じられた多様な芸能が人びとを楽しませた。次々と新しいものが生まれては消えていった芸能(者)に光をあて、多様な芸能どうしの影響関係や社会、中近世の「まちかど」を描き出す。

もくじ


前口上
千秋万歳の頃
千秋万歳の受難
万歳の時代
尾張万歳
万歳たちの日常
万歳の由緒
算置と声聞師
万歳と占い
伊勢大神楽―獅子と軽業の妙技
軽業―世界を驚嘆させたアクロバット
絵解き―地獄極楽の図と熊野比丘尼
琵琶法師と座頭―盲人と芸能
説経―胸の内に、いかほど哀れに殊勝なることのあろうずよ
日暮太夫と近松寺―説経と興行
鉢叩き―瓢箪を手に世の無常をすすめる
鉢叩きと空也堂―本山と末派
願人―その多様な芸能と宗教活動
猿まわし―猿が証拠に候
芸能から見る近世―むすびにかえて

参考文献
引用資料
図版典拠一覧
あとがき


●著者略歴

村上紀夫(むらかみ・のりお)

1970年、愛媛県生まれ。立命館大学文学部史学科卒、
大谷大学文学研究科博士後期課程中退。博士(文学)【奈良大学】。
著書に『近世勧進の研究―京都の民間宗教者』法藏館、
共著に『三昧聖の研究』碩文社、『散所・声聞師・舞々の研究』思文閣出版など

 


 

新刊案内一覧へ

解放出版社目録のご案内 

HOME

Copyright (C)Buraku Liberation Publishing House Co.,ltd 2001, All Rights Reserved


E-mail

(株)解放出版社
Phone:06-6581-8542(代表) Fax:06-6581-8552
東京営業所: Phone:03-5213-4771(営業) FAX:03-3230-1600