解放出版社書籍案内



 

知っていますか?
部落問題 一問一答 第3版

 

 

奥田 均 編著

 

A5判並製 126頁
定価1200円+税

978-4-7592-8279-5
C0036

 

「今でも部落差別はあるの?」「部落はいつごろ、なぜできたの?」「私には関係ないのでは?」など、
よく聞かれる23の問いにわかりやすく答えた入門書。
同和対策の特別措置法期限切れ後の変化や新たな課題も加えて執筆した新版。

もくじ

 

はじめに
問1 部落問題とは何ですか? 誰が差別されているのですか?
問2 今でも部落差別はあるのですか?
コラム@ 土地差別
問3 差別と区別はどう違うのですか?
問4 私は差別などしないので、部落問題は関係ないと思うのですが…。
コラムA 差別の悪循環
問5 若い世代には差別意識はなくなってきていると思うのですが…。
コラムB ケガレと部落差別
問6 身元調査をしてはいけないのでしょうか?
問7 部落はいつごろ、なぜできたのですか?
問8 明治に入って身分制度が廃止されたのに、なぜ部落差別は残ったのですか?
コラムC 「解放令」
問9 戦後、民主主義の国に変わったといわれるのに、なぜ今でも差別はあるのですか?
コラムD 部落解放同盟
問10 学校で教えたりせずに、そっとしておけば自然になくなると思いますが…。
問11 部落は、かたまって住んでいるから差別されるのではないでしょうか。
   分散すればいいのでは?
問12 部落の人たちは、「こわい」とか「がらが悪い」とか聞きますが…。
問13 「差別事件」とはどんなことなのですか?
コラムE 糾弾
問14 部落解放運動は今、どんな課題に取り組んでいるのですか?
コラムF 狭山事件
問15 インターネット上の部落差別を野放しにしていいのでしょうか?
問16 最近、「人権」という言葉をよく聞きますが、部落問題との関係は?
問17 同和行政と人権行政の関係は?
問18 法律が切れた今でも同和地区と呼んでいいですか?
   同和地区の実態把握を行ってもいいのですか?
問19 最近は部落のほうが優遇されていると思うのですが…。
問20 部落差別をなくすための法律や条例はあるのですか?
問21 同和教育と人権教育の関係は?
コラムG 識字学級
問22 企業がなぜ部落問題に取り組む必要があるのですか?
コラムH 「同和」をかたる悪徳商法
問23 宗教は部落問題と関係があるのでしょうか?



●著者略歴

奥田 均(おくだ ひとし)

1952年生まれ。現在、近畿大学・人権問題研究所教授。博士(社会学)
部落解放・人権研究所代表理事。
[著書]
『土地差別−部落問題を考える』『見なされる差別−なぜ、部落を避けるのか』
『同和行政がきちんとわかるQ&A』(共著)『差別のカラクリ』
『「人権の世間」をつくる』(いずれも解放出版社発行)など多数。



中尾 健次(なかお けんじ)
元・大阪教育大学教授。2012年逝去。



森 実(もり みのる)
大阪教育大学教授



谷川 雅彦(たにがわ まさひこ)
部落解放・人権研究所事務局長

 


 

新刊案内一覧へ

解放出版社目録のご案内 

HOME

Copyright (C)Buraku Liberation Publishing House Co.,ltd 2001, All Rights Reserved


E-mail

(株)解放出版社
Phone:06-6581-8542(代表) Fax:06-6581-8552
東京営業所: Phone:03-5213-4771(営業) FAX:03-3230-1600