解放出版社書籍案内



 


多様性の学級づくり
人権教育アクティビティ集

 

 

大阪多様性教育ネットワーク・森実 編著

 

B5判並製 126頁
定価1800円+税

978-4-7592-2158-9
C0037

 

多様性教育の原則をふまえ、個人から出発して社会に働きかける学習活動を、安心と傾聴・わたしとあなた・文化的多様性・バイアスを見抜く・バイアスに立ち向かうの5章構成で紹介する。日本の実態にあわせて創ったガイドブック

★キャッチコピー
人権の授業は大切だけど自信がもてないというあなたへ! 学級づくりだけにとどまらず、学校づくりにつながるアクティビティをやってみませんか!

 

◆もくじ

はじめに
第1部 ようこそ多様性教育へ
 1 多様性教育とは何か?
 2 本書の構成と内容
 3 教員のためのガイドライン
 多様性教育の用語解説
第2部 多様性の学習活動
 序章 安心と傾聴
    レッスン1:安心ルールづくり「安心ルールをつくろう」
 1章 わたしとあなた
    レッスン6:家族「さまざまな家族」
    レッスン8:もちあじ「もちあじはたからもの」
 2章 文化的多様性
    レッスン1:文化「文化の宝物」
    レッスン6:食べ物「ナニコレ! 世界の食材や料理」
    レッスン8:文化と変化「ものごとはどのように変化してきたのか」
 3章 バイアスを見抜く
    レッスン1:事実と意見「事実? それとも意見?」
    レッスン9:「機会の平等」と「結果の平等」…「Z市の雇用実態調査」
 4章 バイアスに立ち向かう
    レッスン1:役割の定義「転校してきた子」「4種類の体験」
    レッスン2:偏見と差別に立ち向かうための戦略
第3部 多様性の学校づくりへ
 1 多様性教育の特徴
 2 多様性教育の考え方─「差別の現実から深く学ぶ」を読みなおす
 3 多様性の学校をつくる

●著者略歴

大阪多様性教育ネットワーク(ODEN)

日本で多様性教育を広げるために教職員や市民活動にかかわる人たちが創った団体で、2000年頃より活動。ほぼ毎月、「ODENの日」として学習会を行っている。また、本書のもとになった『多様性教育学習ガイドブック』を手渡すための「ガイドセミナー」も実施。要望があれば学校や地域に出向いて学校単位でも行っている。


森 実

大阪教育大学教職教育研究センター教員。人権教育、同和教育、識字・日本語学習等について研究している。大阪多様性教育ネットワーク共同代表。『知っていますか? 人権教育一問一答』ほか著書多数。

 


 

新刊案内一覧へ

解放出版社目録のご案内 

HOME

Copyright (C)Buraku Liberation Publishing House Co.,ltd 2001, All Rights Reserved


E-mail

(株)解放出版社
Phone:06-6581-8542(代表) Fax:06-6581-8552
東京営業所: Phone:03-5213-4771(営業) FAX:03-3230-1600