解放出版社書籍案内



 


精神科サバイバル!
人薬に支えられて

 

 

はた よしみ 著

 

四六判並製 139頁
定価1400円+税

978-4-7592-6121-9
C0036

 

閉鎖病棟入院などをくぐりぬけ第2の人生を歩むさまを、医師、看護師、家族、ヘルパー、自助グループの仲間、友人などとの関わりを中心に書いた闘病記。
無気力状態から言葉を獲得し、人とのつながりの中で暮らしをつくりあげる。

 

◆もくじ

まえがき
T 精神科入院からの生還
 1 強制入院に至るまで
  アメリカ留学生活/切羽詰まった院浪生活

 2 心凍えた入院生活
  保護室という名の隔離部屋/説明のない投薬/妄想の渦のなかで/病院スタッフの心遣いと無神経

 3 転院先の看護師さん
  閉鎖病棟から脱出三回/入院患者との関わり/理不尽な看護師、寄り添う看護師/家族との確執

 4 言葉を獲得した!
  誠実な主治医と電気ショック療法/退院へのサポート/再発の予兆/支えてくれた仲間・支援者/主治医との覚書/覚書の余波か/ストレスフルな入院生活

U 人は薬にもなる
 1 はたよしみ流リハビリテーション
  母の支え/医療からの自立/保健センターでのグループワーク/カミング・アウト/作業所への通所

 2 自助グループ活動
  自助グループとの出合い/母・仲間の心遣い/仲間の死/自殺未遂という苦境/自助グループでの活動を再開/学び

 3 不随意運動という壁
  ヘルパーとして就労/母との関係の一時的悪化/薬物調整のための入院/ヘルパー制度の利用

 4 広がる視野と行動
  人間関係は気づきの宝庫/楽しみ見つけ/さまざまなチャレンジ/リラックス・タイムの効用/「人」「今日一日」を大切に

あとがき

●著者略歴

はたよしみ(よっちゃん)

大阪府在住。
21歳、アメリカ留学中に統合失調症を発病し、帰国後、精神科入院。
退院後、31歳〜34歳までヘルパーをしていたが、薬の副作用で身体が不自由となり、35歳からヘルパーにきてもらうようになる。
現在、自助グループや執筆では「はたよしみ」、ひとり芝居・ライブなどの創作表現活動では「よっちゃん」の名前で活動。講演も行っている。

2013年、ひとり芝居を中心とした企画「闇の中、輝く命〜統合失調Show♪♪♪〜」(国際障害者交流センター主催、2012年度「夢カナエルプロジェクト」優秀作品)を発表。
2014年、第10回精神障害者自立支援活動賞(リリー賞)受賞。
自主制作CDに「統合失調唱」がある。

 


 

新刊案内一覧へ

解放出版社目録のご案内 

HOME

Copyright (C)Buraku Liberation Publishing House Co.,ltd 2001, All Rights Reserved


E-mail

(株)解放出版社
Phone:06-6581-8542(代表) Fax:06-6581-8552
東京営業所: Phone:03-5213-4771(営業) FAX:03-3230-1600