解放出版社書籍案内



 


続 アボジがこえた海

在日朝鮮人一世の戦後

 

李興燮 著 室田卓雄 編

 

A5判並製 222頁
定価1700円+税

978-4-7592-6225-4
C0026

 

戦時中、15歳で朝鮮から徴用されて日本の炭鉱で強制労働させられた著者の手記。1987年発行の『アボジがこえた海』(葦書房)の続編。手記のほか関係資料で構成する。

 

◆もくじ

T 玉音放送を待つ
U 帰国への期待
V 証言・強制連行―『東和新聞』連載
W 今、歴史の真実を静かに語る
X 裁判所証人として
Y 朝鮮でのコマ遊び

 

●著者略歴

李興燮(リ フンソプ)

1928年 朝鮮・黄海道生まれ。
1944年 5月、徴用で日本に連れてこられる(満15歳)。
    佐賀県の住友唐津炭鉱で働かされる。
1945年 元旦、同炭鉱を同僚と2人で脱走。唐津の飯場に入る。
    後に北九州各地で飛行場造り、防空壕掘り等に従事。8月15日終戦。
    帰国のため博多港に行くが、数十万人の帰国者のため、何ヵ月も足止めになり、帰国の機会を失う。
    後に日本各地の飯場で働く。
1970年 夏、池田市に転居し、新開橋の所で金属回収業を始める。
1987年 『アボジがこえた海』葦書房から出版。
2011年 店舗兼作業場を閉める。
2014年 10月18日、死去(満86歳)。

 


 

新刊案内一覧へ

解放出版社目録のご案内 

HOME

Copyright (C)Buraku Liberation Publishing House Co.,ltd 2001, All Rights Reserved


E-mail

(株)解放出版社
Phone:06-6581-8542(代表) Fax:06-6581-8552
東京営業所: Phone:03-5213-4771(営業) FAX:03-3230-1600