解放出版社書籍案内



 

らい予防法廃止20年・ハンセン病国賠訴訟勝訴15年を迎えて


第12回交流集会記録in奄美・鹿屋

 



ハンセン病市民学会 編

 

A5判 309頁
定価18
00円+税

978-4-7592-6780-8
C0030

 

ハンセン病療養所入所者が被害の回復を目指して隔離のなかでいかに闘ってきたのか、隔離政策の前史かららい予防法闘争、国賠訴訟に至る闘いの歴史を網羅。その後の家族訴訟や療養所の将来構想としての永続化に向けた取り組みにどう関わっていくか、一人ひとりに問うている内容である。

 

●もくじ


巻頭言 シンポジウム/奄美和光園の将来構想を考える
交流集会
  全療協のたたかい
  ハンセン病を生き抜いた人々の光と熱を伝えたい
分科会
  家族の被害と向き合う
  ハンセン病問題基本法を活かす自治体の取り組み
  ハンセン病療養所の現状と課題
  ハンセン病を理由とする差別の解消に向けて

 


 

新刊案内一覧へ

解放出版社目録のご案内 

HOME

Copyright (C)Buraku Liberation Publishing House Co.,ltd 2001, All Rights Reserved


E-mail

(株)解放出版社
Phone:06-6581-8542(代表) Fax:06-6581-8552
東京営業所: Phone:03-5213-4771(営業) FAX:03-3230-1600