解放出版社書籍案内



 

人権ってなんだろう?


 



アジア・太平洋人権情報センター 編/金子匡良・白石 理 著/ippo. 絵

 

A5判 104頁
定価1000円+税

978-4-7592-6420-3
C0036

 

人権の出発点は「私が私でいられること」。青ちゃんと空くんと猫のリボンがふだん着のコトバとトピックで語るリアル人権ビジュアル読本。理念ではなく、「そうか!」と思わずひざを打つ人権のキホン納得の好著。人権のカタログである世界人権宣言のやさしい読みとき方も必読。

 

●もくじ


はじめに

人権をめぐる5つのTopic 金子匡良

Topic 1 人権ってなんだろう?
●人権と思いやりは何が違う?
●人権の役割
●人権はわがまま?
●人権は誰のもの?
●人権にはどんな種類があるの?
●国境を越える人権

Topic 2 「らしさ」で縛らないで!
●人権の出発点は「私が私であること」
●「らしさ」のトリック
●「人間らしい生き方」ってなに?
●お互いさまの人権
●二重三重の「らしさ」の縛り――複合差別
●複雑化する抑圧

Topic 3 人権の3本柱――自由・平等・社会保障
●人権のはじまり
●自由ってなに?
●平等ってなに?
●もうひとつの平等
●人権としての社会保障
●生活保護のマイナスイメージ
●人権は「文化遺産」

Topic 4 人権を守る仕組み
●人権は成長する
●裁判所の役割
●国内人権機関という新たな仕組み
●民主主義の長所と短所

Topic 5 どうして差別が生まれるの?
●社会の仕組みが生みだす差別
●歴史が生みだす差別
●差別を正当化する理屈
●自分のなかの差別意識とたたかう

世界人権宣言を通して知る人権 白石 理

人として生きるための最後の「よりどころ」――人権
●人が人として大切にされるための人権
●国際連合(国連)と世界人権宣言
●世界人権宣言を土台として、その上につくられた人権条約
●世界人権宣言の中身
●現実を変える理想の力

世界人権宣言を読んでみよう

人権をさらに知るための書籍・ウェブガイド
資料 国連が中心となってつくった9つの主な人権条約

おわりに

【コラム】
@人権の歴史
A条約義務履行監視制度
B人権条約と日本
C国内人権機関
Dヘイトスピーチ
E部落差別とインターネット

 

【著者略歴】

●アジア・太平洋人権情報センター(ヒューライツ大阪)
1994年の設立以来、誰もが人として大切にされる社会をつくること、人権が尊重される公平で公正な社会をつくることをめざして活動してきた。そのために国際人権基準を伝え、人権の実現にむけた国内、アジア・太平洋地域、そして世界の動きを広くとどけている。NGOとして国連との協議資格を取得している。

●金子 匡良(かねこ まさよし)
憲法、人権法、人権政策を専攻する大学教員。現在、法政大学法学部教授。主な著書(すべて共著)として、『人権政策学のすすめ』(学陽書房 2003年)、『人権ってなに?Q&A』(解放出版社 2006年)、『君たちに伝えたい神奈川の裁判』(御茶の水書房 2015年)、『市民自治講座 前編』(公人社 2015年)などがある。

●白石 理(しらいし おさむ)
学生の時にアジアの人権運動にかかわり、人権の大切さに目覚める。その後25年間国連職員として難民支援や人権にかかわる仕事にたずさわる。国連を退職した後、2006年からアジア・太平洋人権情報センター(ヒューライツ大阪)所長として、スイス・ジュネーブから大阪に9年間単身赴任。現在、ヒューライツ大阪会長。専門は国際人権法。

● ippo(田中一歩) 「じぶん」を生きるための表現を講演やイラストレーションで届けているイラストレーター、絵本作家。また、子どもたちに「じぶん、まる!」というメッセージをこめて全国各地をまわって伝えつづけている。絵本に『じぶんをいきるためのるーる。』(解放出版社 2015年)がある。

 


 

新刊案内一覧へ

解放出版社目録のご案内 

HOME

Copyright (C)Buraku Liberation Publishing House Co.,ltd 2001, All Rights Reserved


E-mail

(株)解放出版社
Phone:06-6581-8542(代表) Fax:06-6581-8552
東京事務所: Phone:03-5213-4771(営業) FAX:03-5213-4777