福島みずほの人権いろいろ


月刊誌『部落解放』好評連載中コラムを福島みずほさんのご了解を得て、転載いたします。

「参議院議員・弁護士 福島みずほのWebsite」はこちら



 

「それでもボクはやってない」
〈『部落解放』2008年3月号〉

 

 「それでもボクはやってない」という映画を見た。「シコふんじゃった。」「Shall we ダンス?」などエンターテインメントを作ってきた周防正行監督の作品である。ちなみに映画のエンディングに最高裁判所が出てくるが、これは、社民党本部の屋上から撮ったものである。
 周防監督と対談をしたら、「この映画を見た人が、重い気持ちで映画館を出てほしいと思って作った」とおっしゃっていた。
 そのとおり。この映画は、今の日本の捜査や刑事裁判の問題点を驚くほど等身大に、リアルに描いている。その「リアル」さに、頭をかかえてしまった。私の大好きな俳優・役所広司さん演ずるきわめて有能な熱心な弁護士をもってしても無罪にならないとは……。うーん、これが、日本の現実か。
 日本の刑事裁判の有罪率は、九九・九パーセントである。起訴されれば、ほとんど有罪となってしまう。否認事件の無罪率は、三パーセント。
 「疑わしきは被告人の利益に」が刑事裁判の鉄則である。しかし、実際そうだろうか。
 この映画は、ちかん冤罪に巻き込まれた青年の絶望的にも思えるようながんばりと出口のなさ、途方の暮れ方、まわりの援助、取り調べをはじめなかなかわからない手続き、巻き込まれた不条理を実に正確に描いている。
 ちかん冤罪に巻き込まれた青年にとって、まったく不条理な世界が展開していく。「やってない」と言ったら、「やっていない」ということをどうやって証明するのか。本当は裁判は、検察側が「やった」ことを証明するものなのに、被告人は、「やっていない」ことの立証という「大変な作業」を強いられる。家族も巻き込み、絶望的な思いで、裁判につきあわないといけない。しかも「否認」をしていると、起訴をされ、保釈もされず、延々と身柄を拘束されながら、裁判を強いられる。
 調書にまったくサインをしないのだが、あるとき自分にとって有利だと思った調書にサインをすると、裁判のなかではまったく逆に使われたりする。
 去年は、志布志事件や富山事件などがあった。志布志事件では、問題とされた県会議員のアリバイを早い段階から警察はわかっていたことが明らかになった。ちょうど「それでもボクはやってない」の映画が公開される直前に、富山県の強姦事件で服役し、すでに出所した人の無実が、真犯人が出てきて、明らかになった。
 逆にいうと、「真犯人」が出てこなければ、彼の無実はまったく明らかにならなかったのである。無実であるにもかかわらず、服役し、出所し、それまで「完全に沈黙」していた彼は、絶望感を何度も味わっていただろう。
 ヨーロッパ評議会に、死刑廃止のことで呼ばれたことがある。死刑台から生還した免田栄さんたちと一緒に行った。そこで、あるアメリカ人に会った。彼は死刑確定囚であったが、DNA鑑定の結果、無実であることが明らかになり、釈放されたのである。DNA鑑定がなければ、彼は死刑が執行されたのである。
 先日、「袴田さんは無実だ」という集会が、ボクシングのリング会場で行われた。演劇あり、「五分間でわかる袴田事件」のわかりやすい解説あり、弁護士の話あり、パネルディスカッションあり、そして、ボクシングの元世界チャンピオンの人たちの話あり、ボクシングありという集会だった。ボクサー、元ボクサーの人たちが「袴田さんは無実だ」と立ち上がったことは大きい。「ボクサーは暴力を振るう」という間違った偏見によって、袴田さんが捜査の対象とされ、デタラメな証拠によって死刑確定囚になったのはおかしいということで、世界チャンピオンの人たちは、立ち上がってくれたのである。
 狭山事件再審請求も新たな局面を迎えている。何としても無罪を勝ち取りたい、まず、再審開始を勝ち取りたいものである。
 今年は、世界人権宣言六〇周年。拷問禁止条約の勧告も実現し、代用監獄の廃止や捜査の可視化や証拠開示を実現していきたいものである。リングでは、映画「ハリケーン」の主人公からのメッセージも読み上げられた。人権への思いは、大きくつながっている。




「福島みずほの人権いろいろ」index


HOME


JINKEN BOOKは、(株)解放出版社が提供しています。 無断転載を禁じます 。
Copyright (C)Buraku Liberation Publishing House Co.,ltd 2001, All Rights Reserved


E-mail

(株)解放出版社
Phone:06-6581-8542(代表) Fax:06-6581-8552
東京営業所: Phone:03-5213-4771(営業) FAX:03-3230-1600