福島みずほの人権いろいろ


月刊誌『部落解放』好評連載中コラムを福島みずほさんのご了解を得て、転載いたします。

「参議院議員・弁護士 福島みずほのWebsite」はこちら



 

死刑について議論を
〈『部落解放』2010年10月号〉

 

 千葉景子法務大臣が、七月二八日、二名について死刑の執行をしたことは、ほんとうにショックだった。政権交代をして、いろいろあるけれど、この内閣は少なくとも死刑執行をしていない内閣と思っていたので、それはやはり大きなショックだった。
 千葉さんは、大臣就任前にはアムネスティ議員連盟、死刑廃止を推進する議員連盟に所属して、死刑廃止に積極的な発言および行動を続けてきた。私は、千葉さんのそのような立場は、党内でも政府内でも広く知られていたと思う。だから、残念である。これから千葉さんは、残りの人生をぜひ死刑廃止にむけてがんばってほしいと思っているくらいである。
 二〇〇八年、日本は死刑について国連自由権規約委員会から「国は、世論の動向にかかわりなく死刑の廃止を考慮すべきであり、一般世論に対して、死刑を廃止すべきであるということを必要なかぎり説明すべきである」との勧告を受けている。また、国連総会は、二〇〇七年、二〇〇八年と二度にわたり、すべての死刑存置国に対し死刑の執行を停止することを求める決議を採択している。今回の執行は、この決議を公然と無視している。
 なぜ日本で死刑の執行が止まらないのか。
 私は、日本において裁判も死刑も人々や人々の意識から遠く、死刑の実態や世界の死刑廃止の動向などが広く知られていないからだと思う。こういう私も、大学や研修所で法律を勉強しているときは、確信犯的な死刑廃止論者ではなく、正直迷いもあった。私が死刑をなくすべきだと思うようになったのは、死刑台から生還した国内外のえん罪の被害者に会ったことや、死刑の実態について知るようになったこと、ヨーロッパなどの議論を知り、EU(欧州連合)に加盟するには、死刑を執行していないことが条件であることを知ったこと、「白バラの祈り」などの映画を見て、ドイツで戦争反対のビラをまいただけで国家反逆罪で処刑されたのが、つい最近の戦前のことであるのを知ったことなどからである。少しずつ知って、少しずつ変わり、少しずつ確信が深まって、ようやく胸にほんとうにストンと落ちるようになったのだ。
 だから、死刑の存廃については、まず、事実を少しでも多くの人に知ってもらうことが必要だと思う。
 この国では、ずいぶん長い間、死刑についてはベールがかぶされていた。多くの人が知りようもなかったのである。
 法務省が、死刑を執行したのを公式に発表するようになったのは、これまたほんとうについ最近の一九九九年である。死刑を執行することを以前は本人に事前告知していたが、自殺する人がでて、これをやめた。私は、本人と社会に対して死刑の事前告知をすべきだと思う。大津皇子だって、トマス・モアだって、歴史上の人物は、あす処刑だというときに辞世の歌や遺書を書いている。ある朝突然、連れていって処刑というのでは、本人が、家族や友人と本当のお別れができない。私は、事前告知を本人にも社会に対しても行わない理由は、議論が起きることを防ぐためだと思っている。アメリカの映画で、死刑執行の日まで賛成派と反対派がプラカードを持って多数示威行動をしているのを見ることが多い。少なくとも人々は、社会に死刑の執行があり、それについて議論があることを知り、考えるということはあるだろう。
 千葉大臣は記者会見で、「死刑制度の存廃を含めた死刑制度のあり方を検討する」と述べた。存廃ということであれば、死刑制度に対して賛成の立場、反対の立場からそれぞれ平等になるよう公平な勉強会の委員構成にすべきである。ただ、残念ながら、いま行われている勉強会は、法務大臣を座長とし、法務副大臣および政務官ならびに法務省内の関係部局の職員によって構成する法務省内の勉強会にすぎない。これではだめで、賛成、反対の人が半分ずついる委員会でやるべきである。
 また、千葉大臣は記者会見で、「東京拘置所の刑場についてマスメディアの取材の機会を設けるよう指示した」と述べ、刑場の公開が行われた。このことも情報公開の第一歩。これから死刑についての議論をもっと活発化させていきたい。




「福島みずほの人権いろいろ」index


HOME


JINKEN BOOKは、(株)解放出版社が提供しています。 無断転載を禁じます 。
Copyright (C)Buraku Liberation Publishing House Co.,ltd 2001, All Rights Reserved


E-mail

(株)解放出版社
Phone:06-6581-8542(代表) Fax:06-6581-8552
東京営業所: Phone:03-5213-4771(営業) FAX:03-3230-1600