解放出版社書籍案内




ハイスクールウォーズT

高校生のこころとジェンダー

  鍋島 祥郎 著 定価1,200円
A5判並製 102頁 ISBN 4-7592-2029-1

性役割意識をはじめとするジェンダーは、学力や進路とどのように関わっているのか。高

校生をとりまく学校生活・家庭や保護者の意識のあり様が彼・彼女らのこころの世界にど

う反映しているかを探る。  03年刊。

目次

第一章 高校生のこころの世界
  はじめに
  1.悩みのトップは――「見られる性」の時期
  2.生活が貧しいと感じる高校生
  3.高校生は受験や学習に悩まない
  4.悩みの少ない「悩める年頃」
  5.高校生の自尊感情
  6.多感な中学生、鈍感?な高校生
  7.自尊感情の多様性
  8.孤独な男子、お利口な女子
  9.階層によって異なる自尊感情傾向

第二章 学校でがんばる子、意欲のある子はどこに
  1.学校でがんばる子へのまなざし
  2.パーソナリティの対極――「お利口」と「タレント」
  3.体育会系という学校適応
  4.「いちびり」の所在は

第三章 男子は「人間」たれ、女子は「おんな」たれ
  1.平等化を阻むもの
  2.ジェンダーと労働市場
  3.子育ての主体としての「母」
  4.予定調和としての「多様性」
  5.管理される女子の性
  6.男子は「人間」たれ、女子は「おんな」たれ
  7.男は身を立て、女は家庭を守る
  8.男女の育てわけの壁
  9.勉強より親の面倒をみてほしい
  10.女子はなにを期待されている?
  11.ジェンダー化されたエリート育成志向
  12.短大は「進学」か
  13.女ならいつ仕事をやめてもよいという意識
  14.非進学の女子たち
  15.女性エリート予備軍―

                      ―「男子なみ」の期待を受けてきた女子生徒の悩みは

第四章 男子には期待を、女子には幸せを
  1.ハラハラドキドキ――子育ての中のジェンダーの難しさ
  2.高校生のセクシャリティの現実
  3.自尊感情とジェンダー
  4.男子には期待を、女子には幸せを
  5.男は成績に悩み、女は容姿に悩む
  6.高校生の性の悩み
  7.結婚とはなにか
  8.長男差別はいいのか?
  9.高校生にみる結婚
  10.脱結婚の保護者VS早婚願望の女子
  11.結婚――ジェンダー意識を支えつづける文化装置

第五章 学力・進路とジェンダー
  1.戦後教育と「男女共学」の摩訶不思議
  2.「ホンネ」が飛び出す背景
  3.「お嫁さん」と「キャリア」――二重規範(ダブル・スタンダード)の中で
  4.成績評定における男女差
  5.学校適応的パーソナリティ――女子の優秀さの秘密
  6.家庭科・国語は「女のすなるもの」か
  7.「家庭科」というネーミング
  8.ジェンダーを再生産する学校教育
  9.教科・科目にひそむセクシズム
  10.「ジェンダーフリー」という概念

第六章 学校はままごとの庭か
  1.学校はママゴトの庭
  2.ニセモノとしての学校教育
  3.教科というママゴト
  4.学校適応への攻撃
  5.学校という準社会

 


 

新刊案内一覧へ

解放出版社目録のご案内 

HOME

Copyright (C)Buraku Liberation Publishing House Co.,ltd 2001, All Rights Reserved


E-mail

(株)解放出版社
Phone:06-6581-8542(代表) Fax:06-6581-8552
東京営業所: Phone:03−-3291-7586(営業) 03-3233-0189(編集) Fax:03-3293-1706