コラム・水平線

月刊誌『部落解放』の巻頭コラム「水平線」を著者のご了解を得て、転載いたします。

(2009/7/16up)




◆ 教育改革は体験学習から―北九州子どもの村小学校の「プロジェクト」

〈『部落解放』2009年7月号掲載〉

堀 真一郎

 「すみません。そのキャベツを半分だけ売ってくれませんか」
 「えっ、もう半分にしてあるよ」
 「そのまた半分だけほしいんです」
 「四分の一ということ?」
 「はい。なんとかお願いできませんか」
 「えーっ! どうして?」
 野菜売り場のおばさんが絶句する。お客は三人の小学生だ。学校の体験学習で「やきうどん」の材料を買いに来ているのだ。三、四人ずつのグループに分かれ、五〇〇円の予算で、具や作り方をそれぞれに工夫する。キャベツを半分買ってしまうとお金が足りないのだ。おばさんは話を聞いて納得し、こころよく四分の一に切ってくれた。子どもたちは大喜びだ。
 学校の名前は、北九州子どもの村小学校という。開校して四年目になるが、今年から和歌山にある「きのくに子どもの村学園」と姉妹校になった。
 きのくにと同じように「プロジェクト」と呼ばれる体験学習をカリキュラムの中心にすえている。一週間の時間割の半分がプロジェクトだ。
 もっとも、体験学習といっても、考え方も実際の進め方も、普通にイメージされるのとはかなり違っている。

●自由な知的探求である
 体験学習というと、たいていの人は、手や体をつかい実物に触れる活動を考えるだろう。しかし、子どもの村の体験学習は、たしかに手も体もつかうけれど、何よりも頭をつかう活動だ。
 生きていく上で大事な問題、とりわけ衣食住に題材をとって、子どもたちが積極的に、そして自発的にその解決に取り組む。上のキャベツの件にみられるように、子どもたちはさまざまに知恵を絞り、仮説を立て、検証し、失敗したらまたやり直す。子どもの村のプロジェクトは、デューイのいう「活動的な仕事」としての知的探求なのだ。

●多方面へ発展させる
 北九州はやきうどんの発祥の地である。みんなの自慢の郷土料理を中心にして学習が組み立てられる。だから楽しいし、興味も長続きする。しかも、この活動はいろいろな分野への発展の可能性を秘めている。調べたり書いたりして「ことば」(国語)へ、値段や数量の計算から「かず」(算数)の学習へ、郷土学習から社会科とくに地理へ、うどんの容器づくりから焼き物や工作へ、というようにどんどん活動と学習が広がる。

●総合的な発達をめざす
 子どもの村の「プロジェクト」は、体験中心の総合学習といってよい。しかしたんなる合科学習や教科の寄せ集めではない。もっとスケールが大きい。発達のすべての側面が、活動を通して促進されるように、という意図を持って計画され実行される。
 まず、手と体と感覚が総動員される。感情面が解放されるだけでなく、達成感から自信や自己肯定感が生まれる。さらに知的探究の態度と能力、つまり小さな科学者のように考える力が養われ、さまざまな知識や情報が獲得される。それだけではない。話し合いや共同作業によって、ふれあいや信頼関係が生まれ、人間関係の術が身につく。
 現代の学校では、教科書の中身の伝達だけが異常に大事にされている。教育はもっともっと広くてゆたかな内容を持っているはずなのだ。教科の伝達という狭い観念から学校教育を解放しよう。そして子どもたちの全面的な発達を援助しよう。これが私たちのプロジェクトのねらいである。
 見学者は、ほとんど例外なく「子どもたちがみんな元気だ。生き生きしていて幸福そうだ」という。じっさい、みんなとても溌剌としていてたくましい。「学力は大丈夫か」と心配する人もあるが、卒業生たちの高校などでの成績はびっくりするほどよい。
 かつてA・S・ニイルはいった。
 「まず子どもを幸福にしよう。すべてはそのあとにつづく」(『問題の子ども』)  プロジェクトに取り組む子どもたちは幸福だ。そして、いろいろな面でたくましく成長する姿がそのあとに続いている。

(ほり・しんいちろう/学校法人きのくに子どもの村学園、学校法人九州自然学園 学園長)

北九州子どもの村小学校 TEL(093)452-2602


コラム・水平線INDEXに戻る



HOME

JINKEN BOOKは、(株)解放出版社が提供しています。 無断転載を禁じます 。
Copyright (C)Buraku Liberation Publishing House Co.,ltd 2001, All Rights Reserved


E-mail

(株)解放出版社
Phone:06-6581-8542(代表) Fax:06-6581-8552
東京営業所: Phone:03-5213-4771(営業) FAX:03-3230-1600