コラム・水平線

月刊誌『部落解放』の巻頭コラム「水平線」を著者のご了解を得て、転載いたします。

(2009/8/18up)




◆ 美は乱調にあり続ける―君が代強制への抗い

〈『部落解放』2009年8月号掲載〉

竹森真紀

 二〇〇八年一二月一五日午後三時、福岡高等裁判所大法廷。いつものように「起立」も「礼」もないまま裁判長が入廷、いつもの調子で原告席から「判決の要旨をわかりやすく言ってもらえますか」と私が問うたが、裁判長は「要望はお聞きしました」と一瞥もなく主文を読み上げた。「一審原告らの控訴をいずれも棄却する」。この「棄却」という無機質な言葉が数回繰り返され、原審での原告らの一部勝訴のみならず、一九九六年提訴来三三回の弁論という年月さえも一瞬にしてかき消された気がした。学校現場に内心の自由を求め「君が代」強制を問う裁判(通称=北九州ココロ裁判)と称して、北九州市の小中養護学校の教職員が、北九州市教育委員会による「君が代」処分取り消しを求め係争してきた控訴審判決の日のことだ。

 三〇年以上前、私は大学で部落問題と出合い部落解放運動にぶつかり、被差別部落で闘う人たちとその時期を過ごした。今ある私が、いまだ「国家に抗う」ことにしがみつく原点はこの部落解放運動にある。自分には差別意識などあるはずもないと正義感だけで、被差別部落の子ども会での勉強会の「指導者」をしていた。そのとき私が作成した「子ども会報」に記した「エタ・非人」の言葉が、差別のばらまきであるとその地区の青年部の一人から「糾弾」を受けた。私には彼の「学生さんは卒業したら、出て行けばよかけんね」といった〈糾弾の言葉〉すら温かい励ましのようにしか思えず、何の衒いもなく「狭山差別裁判糾弾」と裁判所抗議行動やハンガーストライキ、ゼッケン登校、狭山現地調査へと出かけていった。それらの闘いは楽しいばかりで、何の恐れもなかった。そして四年後、私は卒業しそこを離れた。
 「貴族あれば賤民あり」という言葉を知り部落解放運動にのめりこんだ私が、「君が代」強制に抗い、その異議申し立てとして最高裁まで闘うことになるのは必然なことだったのだろうか。生まれ育った北九州市の学校現場に教員となって赴任したのは、元文部次官・高石邦男が教育長に座し組合潰しの「踏み絵」として「日の丸・君が代」を利用した直後であった。さらに、一九八五年、首相初の靖国神社公式参拝をなした中曽根政権下に文部次官であった高石は、初の全国的な「実施調査」という名の「日の丸・君が代徹底通知」を行った。北九州市教委はこれを受け、@「国旗掲揚」の位置は、式場のステージ中央とし、児童・生徒らが国旗に正対するようにする。A式次第の中に「国歌斉唱」をいれ、その式次第にもとづいて進行を行う。B「国歌斉唱」は、児童・生徒らおよび教師の全員が起立して、正しく心を込めて歌う。教師のピアノ伴奏で行う。C教師は卒業式に原則として全員参列する――という異例の「四点指導」をなした。子どもの「不起立」までも調査し報告させ、指導という名の校長の職務命令「国歌斉唱時には起立して心を込めて歌え」がまかり通り、懲戒処分が強行されていった。二〇年も前のことだ。
 私が新任教員として赴任したその日、同和教育推進教員を決める会議の真っ直中であった。私は、赴任一日目にして「なぜ担当が決まらないのか」との一声を上げ、さらに、勤務時間外の解放学級に義務的に通う教員たちに向かって「勤務時間外に無理して行かなくていいのではないか。私は行きたいから行く」とまで言い放った。その後、教壇の上から「差別はいけない」と諭す一方で、卒業式・入学式では子どもたちに「君が代」を歌わせる「良い教員」は増えるばかりだった。これも「四点指導」の効果なのだろう。
 そんな教員生活に一〇年近くでピリオドを打ち、「君が代」不起立で処分された十数名の「不適格」教員らとともに、教育委員会を相手に代理人弁護士のいない〈本人訴訟〉を起こした。君が代を、天皇制を、国家を相手に挑んだ果てしない裁判であり、そこには「勝訴」の一分の期待もない。しかし、自分たち自身の手で目で国家権力を相手にすることが爽快であり、だからこそなおさら気軽に向かっていける気がした。「差別」とか「人権」という言葉さえ吹き飛ばすような解放運動というあっけらかんとした闘いとの出合いがあったからこそである。

 高裁判決言い渡し後、裁判所からの道はおのずと「不当判決」を掲げたデモとなり、上告の日には裁判所前で「裁判長辞めろ」のコールを響かせた。そして、この裁判長が「辞めた」。司法という名の国家権力の思い通りにはさせない抗い、国家といえどもどこかで個人であることを信じ続ける闘い、それがココロ裁判であった。「ただ黙って座る」だけの抗いによって、「不適格教員」として公教育から排除されようとする現実を前に、今こそ遠くに揺らがないものを見据えつつも、揺れ続ける心を持つことだ。美は乱調にあるはず!

(たけもり・まき/北九州がっこうユニオン・うい(独立組合)書記長)

ココロ裁判のHP「素敵に不適格!」
http://ww2.tiki.ne.jp/~ui-maki/index.html

ココロ裁判が紹介された本
岩波ブックレット『教育現場に「心の自由」を!』田中伸尚
岩波新書『日の丸・君が代の戦後史』田中伸尚


コラム・水平線INDEXに戻る



HOME

JINKEN BOOKは、(株)解放出版社が提供しています。 無断転載を禁じます 。
Copyright (C)Buraku Liberation Publishing House Co.,ltd 2001, All Rights Reserved


E-mail

(株)解放出版社
Phone:06-6581-8542(代表) Fax:06-6581-8552
東京営業所: Phone:03-5213-4771(営業) FAX:03-3230-1600