コラム・水平線

月刊誌『部落解放』の巻頭コラム「水平線」を著者のご了解を得て、転載いたします。

(2016/8/10up)




◆地域・学校の連携で創るセーフティネット◆

〈『部落解放』2016年8月号掲載〉

岡本工介

 二〇代前半、自らの育った被差別部落から飛び立ち、アメリカ先住民居留区、黒人公民権運動の地など十数年にわたってさまざまな場を放浪し、学んだことは数多くあった。
 「マイノリティには社会の縮図としてさまざまな課題がいち早く、深刻に、継続して起こる」ということが共通して見えたことだった。
 そして、大阪府高槻市から啓発業務を企画運営する前職を経て、独立。ふるさとに根づいて活動を始めるときに描いたのは、いち早く起こる課題に着手すること。それが社会全体の課題となったとき、解決の一助となれるという発想だった。
 次のビジョンとして描いたのは、ソーシャルインクルージョン(社会的包摂)を地域に創造すること。具体的にはさまざまな背景をもつ人たちを支えるセーフティネットの仕組みを創ることだった。
 その一つの例を挙げようと思う。地域では、中学校区を対象に学習支援「わんぴーす」という活動を行っている。この活動は次の三つの柱からなる。@生活困窮世帯や家庭困難層の中学生を対象に、学習支援を行うことで低学力の克服と地域における「貧困の連鎖」を防止する。A学習支援教室を毎週二回通年開催することで、学力面のつまずきや課題の克服、生活規律の向上と学習習慣の確立を推進する。B進学意欲の向上と進路相談について親支援もあわせて行う。「わんぴーす」は、小・中学校や教育相談を行う富田青少年交流センターと連携し、一般社団法人タウンスペースWAKWAKが実施主体となった事業である。参加する中学生は、学校の一斉授業の勉強についていけない子、支援学級に入級している子、ひとり親家庭や虐待のケースにいたる子と多様で、被差別部落のみならずさまざまな背景を持つ子どもである。地域の学校に長年携わられ、退職されたベテランの先生方や、大学生が講師としてかかわっている。また、支援を充実するため、保護者の方に個人情報共有の理解を得て、関係機関と定期的に連携を行っている。
 日々がドラマの連続ではあるけれど、ある日、印象的なことがあった。
 「わんぴーす」の卒業生で晴れて公立高校に入学した子から、N先生に「父親が授業料を払わないと言ってるから学校を退学しなあかん」と泣きながら電話が入った。その情報はすぐに富田青少年交流センターに入り、夕方の「わんぴーす」の時間には中学校の先生方が駆けつけた。学習支援の場は相談の場へと変わり、夜にはその子が通う高校にも話をしに行かれた。次の日には話を聞きつけた小学校の先生が、家庭へフォローに向かい……そんなケースだった。そこで感じたのは、地域が長年培ってきたベースに立った連携のありがたさである。そして「この子をなんとかしたい!」という思いでそれぞれが動いた結果生まれたのが「この地域ならではのセーフティネット」だった。
 この地域は被差別部落であるがゆえに、被差別の歴史とさまざまな課題(影の部分)がある。一方で課題が多いからこそ、果敢にチャレンジを行ってきたなかで地域連携のベースが生まれ、人と人とのつながり(光の物語)があり、それはまちづくりの大きな財産となっている。その長年の重みを十分に教えてくれる出来事だった。

(おかもと・こうすけ/平安女学院大学キャンパスソーシャルワーカー・社会福祉士)


コラム・水平線INDEXに戻る



HOME

JINKEN BOOKは、(株)解放出版社が提供しています。 無断転載を禁じます 。
Copyright (C)Buraku Liberation Publishing House Co.,ltd 2001, All Rights Reserved


E-mail

(株)解放出版社
Phone:06-6581-8542(代表) Fax:06-6581-8552
東京営業所: Phone:03-5213-4771(営業) FAX:03-3230-1600