コラム・水平線

(2005/07/05up)


月刊誌『部落解放』の巻頭コラム「水平線」を執筆者のご了解を得て転載いたします。

◆ 2004年5月号〜12月号 ◆



2001年10月号〜2002年12月号

2003年1月号〜9月号

2005年1月号〜12月号

2006年1月号〜12月号

2007年1月号〜12月号

2008年1月号〜12月号

2009年1月号〜12月号

2010年1月号〜12月号

2011年1月号〜


−index−

◆戦争と平和――女たちのあげる声 (2004年12月号掲載)
有村順子(ありむら・じゅんこ/女たちの戦争と平和人権基金) (2005/07/05up)

◆日本政府によるクルド人難民への迫害 (2004年11月号掲載)
大橋 毅(おおはし・たけし/弁護士) (2005/07/05up)

◆プロ野球は誰のものか (2004年10月号掲載)
辻口信良(つじぐち・のぶよし/スポーツ問題研究会代表 弁護士 関西大学・龍谷大学講師<スポーツ法学>) (2005/07/05up)

◆国内でだめなら国連で!
「沖縄問題」に対する新しい潮流――琉球弧の先住民族会

 (2004年9月号掲載)
宮里護佐丸(みやざと・ごさまる/琉球弧の先住民族会<AIPR>) (2005/07/05up)

◆アイヌ民族共有財産裁判、札幌高裁も「門前払い」 (2004年8月号掲載)
木戸 宏(きど・ひろし/アイヌ民族共有財産裁判を支援する全国連絡会九州地区委員)
(2005/06/25up)

◆児童虐待をどう防ぐか (2004年7月号掲載)
桂 浩子(かつら・ひろこ/NPO法人児童虐待防止協会事務局長)
(2005/07/05up)

◆歌をとおして伝えたいこと (2004年6月号掲載)
渡辺千賀子 (わたなべ・ちかこ/声楽家<ソプラノ>) (2005/07/05up)

◆「幸せになりたい」
なぜオウムに入信したか・信者370人の呟き
 (2004年5月号掲載)
新納功一(しんのう・こういち/テレビ・ディレクター) (2004/05/20up)

 



HOME



JINKEN BOOKは、(株)解放出版社が提供しています。 無断転載を禁じます 。
Copyright (C)Buraku Liberation Publishing House Co.,ltd 2001, All Rights Reserved


E-mail

(株)解放出版社
Phone:06-6581-8542(代表) Fax:06-6581-8552
東京営業所: Phone:03-5213-4771(営業) FAX:03-3230-1600