コラム・水平線

(2016/11/15up)


月刊誌『部落解放』の巻頭コラム「水平線」を執筆者のご了解を得て転載いたします。

◆ 2016年1月号〜 ◆



2001年10月号〜2002年12月号

2003年1月号〜9月号

2004年5月号〜12月号

2005年1月号〜12月号

2006年1月号〜12月号

2007年1月号〜12月号

2008年1月号〜12月号

2009年1月号〜12月号

2010年1月号〜12月号

2011年1月号〜12月号

2012年1月号〜12月号

2013年1月号〜12月号

2014年1月号〜12月号

2015年1月号〜12月号


−index−

◆僕だけじゃなかった(2016年11月号掲載)
   南 和行(みなみ・かずゆき/なんもり法律事務所 弁護士)

◆マジョリティがマジョリティの特権を追及する責任(2016年10月号掲載)
   出口真紀子(でぐち・まきこ/上智大学 外国語学部 准教授)

◆傷ついたって認めること(2016年9月号掲載)
   雨宮処凛(あまみや・かりん/作家・活動家)

◆地域・学校の連携で創るセーフティネット(2016年8月号掲載)
   岡本工介(おかもと・こうすけ/平安女学院大学キャンパスソーシャルワーカー・社会福祉士)

◆権力が弱者に強いる選択肢(2016年7月号掲載)
   北原みのり(きたはら・みのり/作家)

◆「おまえに何がわかるんや?」(2016年6月号掲載)
   岸 政彦(きし・まさひこ/龍谷大学社会学部 教授)

◆「司法のねらい」いつまで続くのか(2016年5月号掲載)
   鎌田麗香(かまた・れいか/映画「ふたりの死刑囚」監督)

◆「不登校対策法」がもたらす子どもの危機(2016年4月号掲載)
   内田良子(うちだ・りょうこ/子ども相談室「モモの部屋」)

◆何を実現し、何をあきらめてきたのか(2016年3月号掲載)
   手塚さや香(てづか・さやか/釜石リージョナルコーディネーター(釜援隊))

◆独りの部屋から出発して(2016年2月号掲載)
   石橋友美(いしばし・ともみ/紙芝居劇むすびマネージャー)

◆我が家に来た脱走兵(2016年1月号掲載)
   小山帥人(こやま・おさひと/ジャーナリスト)



HOME



JINKEN BOOKは、(株)解放出版社が提供しています。 無断転載を禁じます 。
Copyright (C)Buraku Liberation Publishing House Co.,ltd 2001, All Rights Reserved


E-mail

(株)解放出版社
Phone:06-6581-8542(代表) Fax:06-6581-8552
東京営業所: Phone:03-5213-4771(営業) FAX:03-3230-1600